Get insight from Arts|Gallery Pictor

Gallery Pictor 2022年 プログラム

(English follows after Japanese.)

 

Gallery Pictor の2022年のプログラムは、「中心はどこにでもあり、多数ある」をメインテーマに、8名の作家がリレー形式の展示を展開します。統一されたメッセージを発するのではなく、作家はこのテーマをそれぞれの感性で読み解き、多様な主体が存在する世界観を提示します。

プレ・エキシビションとして、3月12日(土)〜4月24日(日)に全作家のグループ展を開催し、その後、各作家のソロ・エキシビションを順次行います。各展示の詳細は、随時お知らせしてまいります。

 


 

  • Main Theme
    中心はどこにでもあり、多数ある

 

この世界は、すべての主体が、すべての場所で、互いに依存し合って成り立っている

 

はるか昔に龍樹が唱え、現代の物理学で解明しつつある世界観では、

たった一つの司令塔のような制御の中心はなく、

すべてのものが中心となり得ます。

中心はいつでも逆転し得るし、中心が多数存在することもあり得るはずです。

 

ヒトも、ヒト以外の生物も、あるいは非生物も、

地上のすべてのものが主体にも客体にもなり得て、

互いに関係し合うことで現実をつくっていけるというビジョンは

堅牢で揺るぎないと信じていた中心を失いはじめた世界における希望なのです。

 

全文を読む

展覧会|Exhibitions


 

Gallery Pictor’s program for 2022 will be based on the main theme, Centers are Everywhere and Numerous, and it will feature eight artists.

This program will not send out a unified message, but rather each artist will interpret this theme with their-own sensibility and present a worldview in which a variety of subjects exist.

The opening group exhibition of all the artists will be held from Saturday, March 12th to Sunday, April 24th, followed by a solo exhibition by each artist. Details of each exhibition will be announced as they become available.

 

 

  • Main Theme
    Centers are Everywhere, and Numerous

This world is made up of subjects that all dependent on each other.

 

In the worldview espoused by Nagarjuna so long ago, and which modern physics is beginning to unravel, there is no single commanding center of control; everything can be a center, in fact, there should be multitude centers, and any one center can be reversed at any time.

The vision that everything on earth, human, non-human, and non-living, can be both subject and object, and that we can create reality by relating to each other, is in fact a hope in a world that has begun to lose the center that we believed to be solid and unchangeable.

 

<Read all texts>

SHARE
PAGE TOP